「我と汝」の関係

  • 2016.05.25 Wednesday
  • 01:03
*
メモ的な記事です。


ゲシュタルト・セラピーの基本に位置するのは

「我と汝」

という関係。

「我と汝」は、ウィーンに生まれたユダヤ人哲学者、マルティン・ブーバー(1878〜1965)が説いた思想です。これは、目の前の人とのかかわり自体を最終目的とした全人格的な関係をさします。


プライベートの人間関係は、このような「我‐汝」の関係でありたいですね。

というか、そうじゃなくちゃいけないんです。

これに対して、
 

何か別の目的“のために”他者とかかわるのを「我‐それ」の関係とよびます。

たとえば、善意であっても「〜と気づかせてあげるために」とか「変化を起こさせてあげるために」「より良い方向に導いてあげるために」といった関係をもとうとすれば、それは「我‐それ」の関係です。「より多くの参加者を集めるために」とか「ファシリテーターとしての名声を高めるために」などと自分の直接の利益が目的になっている場合などは、その最たるものでしょう。
「我‐それ」のかかわりは相手との純粋なかかわりではなく、ファシリテーターの心の中にあるファシリテーター自身の目的とかかわり、結果として自己満足を得るための姿勢です。


私たちはつい、他人に対して

「〜と気づかせてあげたい」
「変化を起こさせてあげたい」

などと思ってしまいます。

それは、自分では善意、愛情であり、

相手にとって良い結果になると信じてやっているのでしょう。

でも、それは、やる側のエゴだなぁと思います。

「〜と気づかせてあげたい」
「変化を起こさせてあげたい」

あなたの思う「良い結果」にすぎないんですよね。


私も↑こういうことを言われたことがありますが(ワークしましょうか?とか)

丁重にお断りしています。

天邪鬼なので、こういうふうに言われると、変わらされてたまるかーと思ってしまい、逆効果なんです。。。
 

「人は、自分でない者になろうとする時ではなく、ありのままの自分になる時に変容が起こる」ということである。つまり、変容は自分あるいは他者がその人を変えようとする強制的な試みによって起こるのではなく、ありのままの自分でいることに時間と努力を費やす時―自分自身のありように完全にひたる時に変容は起きるのである。
(A.バイサー)


でありますー

人のことは変えられない。

できることといったら、ただ

目の前の人と「我と汝」としてかかわること。


その人は、その人のありのままであり、

私は私のありのままであり、

どちらかが、片方の目的のために生きているということはありません。
 

もともと他人の必要を満たすために「それ」として使われるということこそが、私たちを最も傷つけてきたのです。
(ポーラ・バトム)


実はカルマ論では、ちょっと違うことを説きますが・・・

ここはインターネットなので、その内容は書きませんね。


一般的なことではありますが、

もし、誰か、たとえば親や夫や恋人、あるいは職場などで

「あなた」ではなくて「それ」のように使われたと感じるなら

どうぞ、その気持ちを無視しないで

心ゆくまで、その傷を癒してくださいね。







■お知らせ■
5月より男性のお客様へのセッションを再開しました。
塚口駅より徒歩2分、または中津にて。事前予約制です。



○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマ、リフレクソロジー
タロットリーディングの
【MENU】【講座】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から
 

『いのちの輝き』フルフォード博士が語る自然治癒力

  • 2016.05.17 Tuesday
  • 00:13
評価:
ロバート・C. フルフォード,ジーン ストーン
翔泳社
¥ 1,620
(1997-02)

*
初版が1997年、

2016年に初版第27刷。

約20年も読み続けられている名著です。

とりあえず、からだとこころのつながりについての

基本のテキストとして、みんな一度は読まれるといいと思う。

ホメオパシーは、多くの医師に「ニセ科学」と呼ばれていますけど

この本を読んだら、なぜここまでの考えの違いが生じているのかがわかる。

一言でいうと、

身体を「部分」に切り分けて考える西洋医学と

身体と心と霊性その「全体」をみるホリスティック医学の

哲学の違いです。

ケガをして、傷口から血が出ている。化膿しないように抗生物質を塗る。

という処置は、正しいと思うんですが

その場合でも、あくまでもケガを治すのは

「自分の生命力」

しかないんですよね。

ケガをしたら、

まず「痛い」という感覚を通じて、身体が緊急態勢に入り

血を止めたり、免疫細胞が雑菌と戦い、瘢痕を形成したり、

という奇跡的なシステムで身体は自ら治ろうとします。


「身体は健康になりたがっている」

そう信じて、自分の身体の声を静かに聴き、

自分の周波数、他人や他の生き物の周波数、生命エネルギーも繊細に感じたいですね。

これは、私がセラピストだからではなくて

どなたにも本来備わっている力です。


フルフォード博士は寡黙な男、ということですが

当時のアメリカの医師、医療体制、教育体制への批判はズケズケとして、

「現代の教育体制の欠陥を克服する最良の方法は、思いきって学校をやめて、自分で本を読むことだ」

とまでおっしゃっています。

しかし、弱者や苦しみを持つ人には徹底的にやさしく、患者からは父親のように慕われている。ユーモアを好み、胸のすくような辛辣な批評をした口の先でジョークを飛ばしている。
(訳者あとがきより)


そして、訪れる患者のためにひたすら多忙に診療を続け、仕事は超一流。

かっこいいですね、本当に。

内容について、書きたいことはまだまだありますが

とりあえず、ざっくりここまでにしておきます。


ところで、この、読みやすく、ひらがな多めの独特の文体に

「あなた、どこかでお会いしましたよね?」

と、気になって、自分のブログを検索したら

『ライフ・レッスン』と同じく、上野圭一氏の訳でした。

読み続けられる本には、読みやすい訳がついているのだと思いました。

「文体」の持つ力もありますね。

恐ろしいことに、人はそこから色んなものを感じ取っているのです。





■お知らせ■
5月より男性のお客様へのセッションを再開しました。
塚口駅より徒歩2分、または中津にて。事前予約制です。



○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマ、リフレクソロジー
タロットリーディングの
【MENU】【講座】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から

死から学ぶことは、「明け渡し」

  • 2016.01.24 Sunday
  • 17:22
*

先日読んだ『ライフ・レッスン』という本で

人は生きているあいだに様々な「レッスン」をするのだけど、

そのレッスンのひとつに

「明け渡しのレッスン」

というのがありました。

これはどういうことかというと、

自分の人生で起こること、成り行きとか、結果など、

すべてを神(大いなる力)にゆだねる、ということです。


その後、ふと気づいたことなんですれど、

誰かの死に直面したとき、

その方と対面したときに、

浮かんでくる言葉って、だいたいが

「ありがとう」

という言葉なのです。

あぁ、この人と出会えて、色々なことがあったけど、

最後になにかひとこと伝えられるとしたら「ありがとう」だな、と。


それは、多分なんですが、

そのとき、その方(亡くなられた方)は自分の死に際して、

色んな思いがあっても、最後には明け渡すしかありません。

私たちが、その姿を見るときには

「明け渡し」ということをされたあとの姿だから

それを見て、私たちは「明け渡す」ということを少しだけ、学ぶのだと思います。

それで、その姿を見たら

「ありがとう」

という言葉しか出てこなくなるのかな、と思います。


そんなことを考えていたら、過去の

『死にゆく者からの言葉』

という本のレビュー

 

シスターである著者が立ち会ってこられた、多くの死
そして、死に直面して現れた、数々の偉大な悟り。

…どの人も、自分の死を受け容れ、人生をゆるし、不理解を理解して心穏やかになる姿は神々しく、感動的でした。


と書いていました。

「死」というのは、人が最後に直面する最も大きな学びです。

そのときの状況は、穏やかだったり、混乱していたり、後悔があったり、色々かもしれませんけれど

最後の最後は、みんな悟って逝かれるのではないでしょうか。

私は、比較的穏やかな死にしか直面したことがないのでそう感じるのかもしれませんが・・・

周囲の方の気持ちというのは、

穏やかじゃなかったり、後悔があったり、してしまうかもしれませんけれど

ご本人は、悟って、明け渡して逝かれた

と、私は思います。





〇 〇 〇 〇 〇
エサレン(R)マッサージ、アロマ、リフレクソロジー
タロットリーディングの【MENU】【講座

ご予約、お問い合わせは【こちら】から

 

『ライフ・レッスン』より、幸福のための単純な方法

  • 2016.01.18 Monday
  • 01:56
*

“最悪なときに、最良のものを見出す”

たとえば、死の淵にあるとき、事故に遭ったり、病気になったとき、愛する人を失ったとき、別れのとき、騙されたとき、貶められたとき―

確かにそうなのかもしれませんが、

そんなときこそ学びのときなのかもしれませんが、

できれば、

それまでに自分が幸福であることを感じて

人生が終わるときには

「あー幸せだった。私は自分の人生を生きた。」

と思いたいですよね。

その方法として、

“幸福の見本のような女性”パトリシアさんの言葉をどうぞ↓
 

ずっとむかしに、自分がいいと感じたもので、しかも長つづきするものを選ぶということを学んだのよ。とても単純でしょ?

…生きていれば、いろいろなことが、つぎからつぎへとおこるわよね。でも、一度経験したことなら、それがいいと感じたか、よくなかったかは、わかるでしょ?いいものだけを選ぶことにしたのよ。

まだ経験していないことだったら、それを選んだあとでそう感じるかを想像するの。

不幸を感じたとき、あとで気分がよくなくなるようなものを選ぼうとしていたことに気づいたという経験が何度もあるわ。

そんなことをやっているうちに、幸福になるようなものだけを選ぶことを学んだというわけ。

ほんとうの自分にとっていいもの、人の気分をよくするもの、誇りにおもえるもの、長つづきするものを選ぶことね。そうすれば、あなたは愛と人生と幸福を選んだことになる。とても単純なの



ほんとうの自分にとっていいもの、

人の気分をよくするもの、

誇りにおもえるもの、

長つづきするもの。


「ほんとうの自分」というのは、自分が思う「ほんとうの自分」。

人に見られている姿ではなくて。


「人の気分をよくするもの」についてですが、

相手の気分をよくするために自分の感情を犠牲にしてはなりません。

「○○しなかったら、怒られるから」とか
「○○してくれたら好き、と言われたから」
「私のこと愛してると言ってくれるから、(いやだけど)△△する」

などなど、「条件つき」の好きとか愛情のために何かしたらだめですよー

それは条件が変わったり、時間がたったらなくなるもの。

「長つづきするもの」

じゃないですね。

なんでも納得してやらないと、自分で自分を誇りに思えませんからね。





○ ○ ○ ○ ○

エサレン(R)マッサージ、アロマ、リフレクソロジー、
タロットリーディングの【MENU】 
【各種講座】

ご予約、お問い合わせは 【こちら】 から 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Lara SOIL〜 阪急夙川〜阪神/JR芦屋〜英語、妊娠中の方、男性も承ります〜

エサレンボディワークとアロマセラピーをしています。ご自身の心と身体の声を聴いてください。

タロットカードはあなたが誤解していることを教えてくれ、未来をより良くするものです。

Twitter

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

砂漠のわが家
砂漠のわが家 (JUGEMレビュー »)
美奈子 アルケトビ

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM