『ケルト巡り』

  • 2019.02.27 Wednesday
  • 17:10
河合 隼雄
NHK出版
---
(2004-01-30)

*

前回の夢の話は、この本を読んで書きたくなったのでした。

 

ユング派心理療法家の河合隼雄先生が、ケルト文化を巡って旅をした紀行です。

 

現地での対談、語り部の話、

 

近年復興した「ドルイド」と呼ばれる人達の思想や儀式について

 

ケルトの神話、日本の神話との共通点

 

今を生きる日本人への提言など。

 

無意識の世界、自然と一体である人間のこと

 

しかし、自然と切れようとする私達のこと

 

そんなことがゆるゆるゆる・・・と語られています。

 

 

(注)正直、ケルト地方ってどこのこと?な感じですが

なんとなくイメージする、アイルランド、スコットランドあたりとさせていただきます。

 

 

「アイリッシュ音楽を聴きに行きました」でも書いたことですが

 

ケルト文化というのは、キリスト教がすごい勢力で拡大していって世界史が変わる中で

 

辺境の地であったから、キリスト教以前の土地の文化が残りやすかったんですって。

 

日本もそうですね。西ヨーロッパから見れば遠いはての地で、島国。

 

だから、河合隼雄先生は、ケルト地方に日本人に似た精神性を感じて取材されたそうです。

 

神話には、似たものもあり、違うタイプのものもあり。

 

色んなお話がありましたけど、

 

「魔女」とレイライン、という章で

 

職名「魔女(witch)」という人を訪問したお話が面白かったです。

 

職業・魔女ってイケてませんか?

 

魔女さんの言葉

 

(あなたにとって「魔術」とは何ですか。という質問に対して)

 

「相談者は問題や悪循環を抱えてここにやってきます。その問題は無意識のなかにあります。意識を通じて無意識に働きかけることは困難ですが、記号や儀式では直接無意識に働きかけることができます。それが「魔術」だと考えています。」

 

 

ですですねぇ。

 

タロットカードはその集合のようなもの。

 

言葉も記号だから、言葉をそのように使える方もいらっしゃるでしょうし

 

絵や、夢や、何かのイメージや、形式の中で、無意識に作用することもあります。

 

メッセージは常に色々あって

 

そして、それに対してどのような行動を取るか選択するのは、自分自身です。

 

あなたの、わたしの魂は、この世でどういうふうに生きるのでしょうね。

 

 

最後に

 

モヤモヤして、決めきれずに悩んでいる方へ

 

白黒はっきりつけない価値について。

 

人間は矛盾を抱えているべきだと思います。矛盾がなければ生きているとは言えないと言ってもいいでしょう。矛盾との闘い、矛盾を抱え続ける努力が、人間には必要です。自然と科学技術、どちらも重要でしょう。

 

 

 

○○○○○

エサレン®マッサージ、アロマセラピー
タロットリーディングの
【MENU】【出張】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Lara SOIL〜 阪急夙川〜阪神/JR芦屋〜阪神西宮〜英語、妊娠中の方、男性も承ります〜

エサレンボディワークとアロマセラピーをしています。ご自身の心と身体の声を聴いてください。

タロットカードはあなたが誤解していることを教えてくれ、未来をより良くするものです。

Twitter

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

砂漠のわが家
砂漠のわが家 (JUGEMレビュー »)
美奈子 アルケトビ

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM