アイリッシュ音楽を聴きに行きました。

  • 2018.11.05 Monday
  • 22:40

道の途中.jpg
 

 

 

*

7年前に京都の梅小路公園で行われたアロマスクールのイベント

 

アイリッシュバンド・みゅーず さんの演奏を聴きました。

 

ふと、また聴きたいなと、

 

気軽な気持ちでみゅーずさんの長年のファンのOさんにライブ情報を聞くと

 

今はライブは月に1回、園部(そのべ)の古民家カフェでだけ行われているとのこと

 

(注:ヴァイパー奏者の大城敦博さんのソロライブは各地で多くあります。

みゅーずさんとしてはこちらだけ)。

 

わかりにくい場所にあるから行かれるならご一緒しますよ、と言ってくださり

 

思いがけず、南丹市園部町の古民家カフェ「道の途中」さんまで行ってきました。

 

ちなみに、スマートフォンを持っていても一人では絶対に行けなかったです^^;

 

こんな山里に来ることがあろうとは・・・

 

京都って懐深いなーと妙に感心しました。

 

 

ライブに行くためにこんなに時間がかかると思っていなかったので、朝から少々罪悪感が発生していたんですが

 

演奏が始まると、ヴァイパー(電気バイオリン)とギターの音に身体が包まれて

 

罪悪感や焦りの気持ちはすっかり忘れてしまいました。

 

あー私は過去生でアイルランドか、ケルト文化のどこかにいたんだきっと

 

と思いました。

 

 

・・・それは確認のしようがないですが、

 

余談ですが、ケルト文化というのは、キリスト教がすごい勢力で拡大していって世界史が変わる中で

 

辺境の地であったから、キリスト教以前の土地の文化が残りやすかったんですって。

 

これは日本もそうですね。

 

だから、キリスト教の世界ではなく、「そのまえ」の世界。

 

その音楽に、人と自然がもっと近かった頃の情景や、人の自然な感性を感じて癒されるのかもしれないな

 

と思いました。

 

 

長くなりますが、ここでヴァイパーのお話を。

 

7年前に私が聴いたのは、バイオリンとギターの演奏だったのですが、

 

今は大城さんは「ヴァイパー」という楽器を使われています。

 

なんとなく、アコースティックな音の方がいいな・・・という思いがあって(古民家だし、イメージ的に)

 

あら、バイオリンじゃないんだ?と思ったんですが

 

演奏が始まると、その楽器がなんでも全くどうでも良くなりました。

 

ただただ、弦の響きが心地良くて、体の内側にまで響き渡る感じがしました。

 

そして自在に変わる色んな音が出ます。

 

 

ヴァイパーの専門奏者は、今のところ日本で大城さんお一人だそうです。

 

「だから今日は皆さんラッキーです。日本一の演奏を聴いていらっしゃるんです^^」

 

と、おっしゃっていました。

 

長年魅せられたバイオリンから、ヴァイパー奏者へ

 

さらに改造を重ねて独自の音へ。

 

何でもそういうふうに追求しなくちゃなのだなと思いながら帰りました。

 

 

 

 

道の途中.jpg
 

道の途中さんのランチ。

地元のお野菜、

ミートローフともちもちベーグル。

 

 

 

 

○○○○○

エサレン®マッサージ、アロマセラピー
カルマタロットの
【MENU】【講座】【出張】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Lara SOIL〜 阪急夙川〜阪神/JR芦屋〜阪神西宮〜英語、妊娠中の方、男性も承ります〜

エサレンボディワークとアロマセラピーをしています。ご自身の心と身体の声を聴いてください。

タロットカードはあなたが誤解していることを教えてくれ、未来をより良くするものです。

Twitter

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

砂漠のわが家
砂漠のわが家 (JUGEMレビュー »)
美奈子 アルケトビ

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM