『かないくん』

  • 2016.03.16 Wednesday
  • 00:12
*

昨日行ったカフェで、気になっていた絵本『かないくん』があったので読みました。

「谷川俊太郎が一夜で綴り、
松本大洋が二年かけて描いた絵本」

しかも「死」がテーマ

というだけで、どんなふうに描かれているのか見てみたくなりませんか?

ちなみに、企画監修は糸井重里さん、
ブックデザインは祖父江慎さんです。


クラスメイトの「かないくん」がしんでしまってから

主人公の少年(のちに絵本作家)はずっと「死」について考える。

大人になっても、

自分が死を迎える年齢に近くなっても

まだよくわからない。


誰しも、この世ではまだ死んだことがないから死ぬってどういうことなのか

わかるようで、わからない。

色々考える。

そして、自分が死んだら、もやもやと考えていた

「なにか」
「それ」

は、今度別の人に受け継がれる。


そして、よく言葉にはできないけど、それ(死)は、多分、悪いことではないんだ・・・

というのが

ハッキリとした言葉でも、絵でもなく

モヤモヤとした雰囲気によって伝わってきました。

静かな、

レンズ越しにのぞいて止まっているような松本大洋氏の絵が

白昼夢のようで、

それが、誰かが死んでしまったときの

あのなんとも言葉にならない感じをあらわしていて、

あとは、それぞれの経験におまかせ

という感じで、

その感じが良いな、と思いました。


ところで今、タロットカードの【死神】の意味について思いをめぐらせていて

つまり、それは

死ってなんだろう?

終わるってどういうことだろう?

その次には何があるのだろう?

ということなんですが

それを考えていたから、この絵本を見せてもらえたのかなーと

思ったりしました。





〇 〇 〇 〇 〇
エサレン(R)マッサージ、アロマ、リフレクソロジー
タロットリーディングの【
MENU】【講座

ご予約、お問い合わせは【
こちら】から
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Lara SOIL〜 阪急夙川〜阪神/JR芦屋〜英語、妊娠中の方、男性も承ります〜

エサレンボディワークとアロマセラピーをしています。ご自身の心と身体の声を聴いてください。

タロットカードはあなたが誤解していることを教えてくれ、未来をより良くするものです。

Twitter

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

砂漠のわが家
砂漠のわが家 (JUGEMレビュー »)
美奈子 アルケトビ

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM