毒(2)

  • 2013.08.15 Thursday
  • 00:47

*

「畳の上にたれた福耳は、南九州の漁村によくみかける長寿者の相をしていた。九十歳にて刺子(さしこ)の丹前を繕う針のめどをとおし、百歳に達して、漁の天気をその嗅覚で占うたぐいの人間であったにちがいないのだ。仙助老人がそうやって、グロテスクな測定器にとらわれるようにして仰向けに寝ているということは、いかに彼が自若としているようにみえても、それは天然自然に反していることである。いわれなく処刑されつつある人間の像をみるように、私は、仙助老人をみていた。・・・

兵隊検査の時のほか『一ぺんも医者殿にかかったことのなかった体ぞ』というのが、ついぞ老人性の自慢話というものを、しなかった彼が、ただひとつ、その丸い鼻先でみずからの鼻毛をふくようなぶっちょう面で話した自慢話であったことを、村の人間は今でも覚えている。

『この病(びょう)にさえかからんば、あん爺さまは、きっと百まで生きらす爺さまじゃったよ』と女房たちは彼の死について語るとき、必ずつけ加えるのである。」

(『苦海浄土』 石牟礼道子)


「毒」といえば、これがほんとうの毒なんですが

小さな、風光明媚の漁湾沿岸地区の、生活水準の低い部落の

村の人にその毒が流れていって

そこではじめて気づくのです。


「グローバル」という言葉は、

小さな国が、その立場になるという意味に聞こえるんですが

どうなんでしょう。






エサレン、アロマ、タロットのMENUは
【こちら】です

ご予約、お問い合わせは
【こちら】から

アメブロ

http://ameblo.jp/healing-action/

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Lara SOIL〜 阪急夙川〜阪神/JR芦屋〜阪神西宮〜英語、妊娠中の方、男性も承ります〜

エサレンボディワークとアロマセラピーをしています。ご自身の心と身体の声を聴いてください。

タロットカードはあなたが誤解していることを教えてくれ、未来をより良くするものです。

Twitter

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

砂漠のわが家
砂漠のわが家 (JUGEMレビュー »)
美奈子 アルケトビ

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM