殺生したくない気持ち・2

  • 2015.08.06 Thursday
  • 01:00

*

動物性のものを食べないベジタリアン〜ビーガンの人の

理由は色々、体質的だったり、宗教上だったり、動物愛護のためだったり

それぞれあると思いますが、

私がお肉を普段いただかないのは、大層な理由があるわけではなく

簡単に言うと

「そんなにまでほしくないから」

というだけです。


牛、豚、鶏といった家畜を、バラして、調理する

という労力を想像してみて

今、その作業しても食べたいか?

と考えたとき、たいていは

「そんなにしてまでは・・・」

と思うからです。

一応ですが、ご馳走していただいたものや、どなたかと一緒のときは

有り難くいただきますし

飢餓状態だったり、


人とたくさん会ってお肉が必要になったらいただきます。

動物性のものがだいぶ少ない、くらいの食生活です。


一切のお肉を食べなかった20代後半頃、周囲の方に色んなことを言われて、

アレルギーがあるわけではないし、おいしいので、勧められたらいただきますけれど

「殺生したくない気持ち」

って、その人に固有の感覚だから

私がそれを人に言っても同じようにはわかってもらえないと思うし、

人が私に「お肉を食べなきゃダメよ」と説得しようとしても、

同じ感覚を理解していたり、同じ経験をしていないとむつかしいと思います。



(3)に続く。




■本日のBGM■
Raining / Cocco





○ ○ ○ ○ ○

エサレン(R)マッサージ、リフレクソロジー、
カルマタロットの【MENU】 
【各種講座】

ご予約、お問い合わせは 【こちら】 から

最後は直感・1

  • 2013.11.29 Friday
  • 02:15
*
自然食品のお店「元氣界」のさのようこさんからは、今日も「不眠症」についてのメルマガが届き

【陰性】の食事、

その中でも砂糖の摂り過ぎの招く不調について(不眠症や、更年期障害を早める、重くするなど)

書かれていました。

とはいっても、

食べてしまうことが

「仕事のカルマ」「依存のカルマ」

だったりするので、やめるのは容易なことではないです。


私は、

「これを食べると湿疹が悪化しているのでは?」

と思ってなるべく避けているものがあって、それを避けていると、たんぱく質も必然的に少なくなってしまうので

それを補うのが、大豆製品など、植物性のたんぱく質ですが、結果、

全体的に、甘い物、糖質(炭水化物)

つまり、【中庸〜陰性】に偏った食生活になっています。


でも、湿疹を治すためには、陰性に偏った食事ではいけない!

というのが難しいところなんです・・・


こんなふうに、ここ数日書いていたら、昨日は

素敵なカフェでお肉を食べる機会がありました。

「食べたい」と思う時は、あれこれ考えずにおいしくいただきます!

遅めの時間に行ったため、鶏肉のカレーを注文したら売り切れで残念でしたが

代わりに注文したソーセージドッグもおいしかったです。

ちなみに、夙川にあるSOLというカフェなんですが

名前がSOILと似ているので、以前から行ってみたかったお店です。

SOLは、たしかフランス語で【土、大地】という意味ですよね

(と思ってネットで調べたら、他にも「太陽神の名前」とか色んな意味があったのでお名前の由来は不明・・・)。


名前の話はさておき、

そんなわけで、何が大事って、

究極まとめると、

「直感に従う」

ということ。


それには、

身体の声をちゃんとキャッチできるように、

状況が自然な流れになるように、

普段から訓練しておくことなんですよね。






エサレン、アロマ、タロットのMENUは
【こちら】です

ご予約、お問い合わせは
【こちら】から

アメブロ

http://ameblo.jp/healing-action/

心がゆれる原因の2〜お菓子の食べ過ぎ(1)〜

  • 2013.11.24 Sunday
  • 01:09
*
先週末、音楽を聴いた夜から、少しだけのんびり過ごして心身のリセットができました。

先月末あたりくらいからでしょうか、

チョコレートのお菓子がすごく欲しくなって、買っていたら、そのうち常に家に在庫があるようになり・・・

そして、少し前から、なんだか腰が痛むなぁ?という状態になっていました。

腰は、仕事柄、痛めないようにちゃんとストレッチなどをして寝ているのですが

ここ数日、いまいちすきっとしないな、寒いからかな・・・と思っていたのです。

そんな状態の一昨日の朝、

私が以前よく、自然食品や機能性食品などを買っていたネットショップ・「元氣界」のさのようこさんのメルマガが届き

そのタイトルが

「お菓子の食べ過ぎ」


うわー、それはわたしのことです・・・

と思って読んでみると、ようこさんのご家族(高校生女子)が

「最近眠れない」

のだと。


彼女がこうなるまでには、段階があって、

元々、甘い物が大好き。

日に日にお菓子の量が増えた。

寮の食事に肉料理が多いので、ますます甘い物が欲しくなり、

疲れやすくて、眠ったら起きられない、休みの日にはずっと寝ているという状態になった。

そのうちに、幼児の頃やったアトピーが出てきた。

それでもお菓子をやめられず、次は甘い物の食べ過ぎで、バランスを取るために肉を食べるようになり、

ついに、

「最近、眠れない」

しかも、「腰が痛い」。

・・・ということでした。


むむむ。

私は、お肉を普段あまりいただきませんので、このお嬢さんとまったく同じ原因&症状ではないと思いますが、

でも、出ている症状は似ています。

原因のわからない腰の不調に、

不規則な睡眠に、

昨年も出ていた手の甲の湿疹が、また出ております。


ようこさんは、

「陰陽両方の症状は、精神的な不安定さに拍車をかけます。」

とおっしゃいます。


お肉や塩分の高いもの(陽性)を食べたら、

次は甘い物(陰性)が欲しくなる・・・

こういう時は、やっぱり、心が安定している時とは言いがたいですね。

お菓子がだめとは言いませんけれど、

腰が痛いと感じていた時の私は、たしかに自分でも不安に思うほど、甘い物をたくさん食べていましたので

このメルマガを読んで、はっとしました。


朝起きて、「答え」が届いたようで面白かった。

ありがとうございました。




エサレン、アロマ、タロットのMENUは
【こちら】です

ご予約、お問い合わせは
【こちら】から

アメブロ

http://ameblo.jp/healing-action/

着物で楽しむ『かやぶき日和』〜マクロビランチ〜

  • 2013.06.10 Monday
  • 00:04
*
昨日の続きです。

着つけを教えていただき、参加していた方が全員着られた後は、マクロビランチです。

中島デコさんレシピの、ものすごく凝ったお料理が御膳に載っていてびっくりしました・・・

まさかこんなお料理がいただけるとは。

ちなみに、御膳のセットは、元々お家にあったものだそうで、冠婚葬祭を自宅していた昔の家には、置いてあるのだそうです。


マクロビのお料理は、今までいただいたものは

「すごく美味しい!」というよりは、しみじみ、滋味を味わう・・・という感じでしたが、

デコさんレシピは、スパイスをふんだんに使った多国籍な感じで、オリジナリティーにあふれ、とても新鮮でした。

追加で、デザートも注文できて、甘酒パフェも美味しかった。

マクロビなので、もちろん砂糖不使用。

あのチョコムースはどうやって作るのでしょうか

全然わかりません(キリッ


凝ったお料理を作れる人は、本当に素敵です。


うーん、自分の日常とはかなり違う、スローな時間割、

道もわからないし、なんだか、ふしぎな一日でした。




130608_1316~020001.jpg 夏野菜の揚げ浸し、切干大根のサラダ、

 ひよこ豆のコロッケ、玄米の生春巻き、

 押し麦入りスープ。


















130608_1432~010001.jpg いろいろつまった甘酒パフェー


エサレン、アロマ、タロットのMENUは
【こちら】です

ご予約、お問い合わせは
【こちら】から

アメブロ

http://ameblo.jp/healing-action/

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Lara SOIL〜 阪急夙川〜阪神/JR芦屋〜阪神西宮〜英語、妊娠中の方、男性も承ります〜

エサレンボディワークとアロマセラピーをしています。ご自身の心と身体の声を聴いてください。

タロットカードはあなたが誤解していることを教えてくれ、未来をより良くするものです。

Twitter

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

砂漠のわが家
砂漠のわが家 (JUGEMレビュー »)
美奈子 アルケトビ

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM