『40歳からの「永遠の美」を手に入れる方法』

  • 2018.04.08 Sunday
  • 15:51

*

ネガティブな思いをポジティブに変換すること

 

ポジティブ思考であること

 

脳に具体的な目標を与える・・・

 

という意識のことと

 

食べ物や習慣のことが簡潔にまとめられていて

 

全体から著者の先生の温かさが感じられて、良い本でした。

 

美容のための意識の持ち方の基本のき、みたいな本です。

 

 

美しい人は、ポジティブ思考。

 

美しいから自信があるのではなくて

 

自信があるから美しい。

 

これは男性もそうですよねー

 

人はその人の自信とか自意識に、目が行ってしまうのだと思います。

 

 

ところで、美しい人を見てモチベーションを上げるのは良いことだけど

 

嫉妬したり、自分を卑下することになるんだったら見ない方が良いです。

 

インスタなど、私は気をつけなくちゃと思っています。

 

投稿する人も、見る人も気をつけなくちゃです。

 

綺麗な人のキラキラな写真は「嫉妬」という感情を見る人に発生させてしまい、

 

見られた人はその感情を受けてしまいます。

 

投稿する人は、なるべく嫉妬されないように気をつけて

 

見る人は、投稿している人にマウントされないように気をつけてください。

 

話が逸れましたが。

 

 

自分がどーんと構えて、人のことをなるべくうらやまない。

 

自分の得意なことをどんどんアピールして

 

常識にとらわれず、理想(目標)を常にセットして、自分に優しく、

 

毎晩幸せな気持ちで眠りにつく。

 

そんな毎日が良いですよねゆう★

 

 

最後に、リラクゼーションについて書かれた箇所を抜粋しますね。

 

リラクゼーションで体の緊張を解き放つと筋肉がゆるむので、眉間のシワがとれたり体の不調が改善されたり、前向きな考え方ができるようになったりします。

すると、ポジティブな輝きが全身から放たれるようになるので、大勢の中にいても「なんだか、あの人は美しい」と注目されるようになるのです。

 

「なんだか、あの人は美しい」

 

と注目される輝き!

 

尊厳を持って触れるのは基本ですが

 

そんなトリートメントができるといいなぁと思います。

 

そして、お客様にその体験を発生させるためには

 

自分にそのカルマがなくてはいけないので

 

私もマッサージやヒーリングを受けたり、良いサービスを受けたりして

 

リラックス+ネガティブ払拭+ポジティブ体験のカルマを積みますね星

 

 

 

 

○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー
カルマタロットの
【MENU】【講座】【出張】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から

『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』なのか?

  • 2016.09.13 Tuesday
  • 00:03

*

昨年末くらいだったか、『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』という本が話題になって

 

その流れでこちらの『ケトン体が人類を救う―』を読んだんですが

 

そのときにレビューを載せなかったのは

 

「まだわからんなぁ」

 

という気持ちが強かったからです。

 

 

当時のブログ記事はこちら

 

→3/5「バターコーヒー飲んでます?〜糖質制限について〜」

→3/31「糖質制限むずかしい・・・」

 

 

この本は文体もやさしく、読み物として面白いです。

 

「お母さんのおなかの中の胎児は糖質ではなくケトン体をエネルギー源にしている?」

 

という、もしかすると5年後には新常識になっているかもしれないデータがあったり、

 

糖尿病の妊婦さんが、著者のアドバイスに沿って糖質を減らした食事で

 

インスリンを上げないように妊娠期を乗り切り

 

無事に出産した経験談はとても興味深い。

 

 

ただ、やっぱり身体のことは人それぞれ、

 

とにかく体質も環境も思想も、何もかも違うのに一概に

 

「これをやれば大丈夫」

 

というのはないと思います。

 

しいて言うなら「身体の声を聴く」「バランス良く食べる」ということくらいしか。

 

 

私ももし糖質制限が必要な体になれば、そのときは試してみようと思いますが

 

どちらかというとベジ寄りの私、お肉も好きだけど

 

肉や卵を主食にする生活は厳しかったです…(メンタル的に)。

 

それから、「ローカーボ(糖質制限)」に関する医学論文は山ほど出ていて

 

その害についても報告はあがっているそうです。

 

 

しかしながら、医学的な是非は私にはわかりませんが

 

著者が糖尿病の妊婦さんを励まし、その方たちが無事に出産されたこと、

 

また、地道にデータを取って学会で発表されていることなど、

 

読んで面白く、ためになりました。

 

糖尿病が増えている今、より研究が進んで健康を維持できる人が増えますように。

 

 

 

 

 

 

○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマ、リフレクソロジー
タロットリーディングの
【MENU】【講座】

ご予約・お問い合わせは【こちら】から

『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』

  • 2015.06.24 Wednesday
  • 00:13
 「ローフード(Raw Food)」とは

食物を加熱しないで、生のままいただく食事のこと。

42〜48℃以上で加熱しないので酵素が生きている、

野菜や果物の中の水分が生きているため

「リビングフード」と呼ばれたりもします。

生の食べ物だけをいただいていたら、それはそれは消化に良くて、美肌になるでしょうなぁ・・・

とは思うものの、

私の体質には合わなそうかな?

という先入観があり、長らくなんとなく避けていました。

が、初めてローの食べ物をいただいたとき(→)

とびっきりの美味しさに感動して、

それからはローフードに興味を持ちました。


という流れでたしか石塚ともさんを知り、

この本を購入しました。


ローフードを実践する入門編としては、わかりやすいし

簡単なレシピがたくさん載っていて

やる気になれば、要領をつかんですぐにでも、ある程度のローフード生活を送れそうです。


が、あまりにもダイナミックな食生活の変化なので、私には

メンタル面でのきっかけがないと難しいかなぁと思いました。

たとえば、病気になるとか、

身も心も清らかなロー生活を送りたい!と決心するとか。


生活の中に少し取り入れるのはすぐにもできそうだし、

実際、私は基本的に午前中は果物以外は食べないんですが

でも、そういう一部分だけでなく、

最低でも75%以上くらいの実践が望ましいようです

(ローにも色んな流派がある)。

ローフードは本当に美味しいですが、

私は穀物が好きだし、

人と一緒に食事する時間が大好きだし、

で、

実践は、一人のときにちょっとずつかな?という感じです。

今のところ。

生で野菜やきのこ類をいただくレシピはとても参考になったので

部分的に使いたいと思います。






○ ○ ○ ○ ○

エサレン(R)マッサージ、リフレクソロジー、
タロットリーディングの【MENU】 
【各種講座】

ご予約、お問い合わせは 【こちら】 から

『がんを克服できる脳』

  • 2015.05.27 Wednesday
  • 00:27
評価:
苫米地 英人
主婦と生活社
---
(2013-03-29)

 苫米地英人さんの本って、あったらいくらでも読みたくなります。

コーチングや瞑想や催眠など、脳科学?認知科学?について詳しい方はよくご存じの内容かもしれませんが、


私にとっては、わかりやすくて、おもしろくて、ためになりました。

『がんを克服できる脳』というタイトルですが、がん以外にも、すべての出来事に応用できます。

「アファメーションしているけど、全然現実が変わらない」

という方は、この本で

「正しい確信のしかた」

をお読みになったら、効果が増すのではないかなと思います。



何度も書いていることですが、

「病気を『治す』という考えを捨てる。病気は『経過する』もの」

「病気を治すのは薬でもお医者さんでもなく、自身の治癒力。薬はそれを助けるためのもので、医師とは治療する方針を決める人」

なのですよ。

・・・書いていて思い出したけど、病院に行って

「私の言うことだけ聞いてたらいいのよッ」

というオラオラ医者もいたなぁと2人くらい思い出してしまいましたが(1人はおばさんで、1人は化石みたいなおじいさん)、

でも、基本的には

「医療従事者とは患者さんの手助けをするもの」

というスタンスでこちらの希望を聞いてくださるし、聞けば丁寧に説明してくださいます。薬だっていらないと言えば出されません。


話が逸れましたけど、私はがんって治る病気だと思っているし(がんにも色々ありますが)

この本のデータにもあるように死亡率が他の病気に比べて高いわけではありません。

だから、まず、がんという病気に対して正しく知った方がよいと思います。でないと、

「がんが見つかった=人生残りわずか」みたいに思ってしまって、

その“刷り込み”“思い込み”こそが一番こわいですから。


あーおもしろい本だった。


余談ですが、がんを克服した方の体験記に政治家の鈴木宗男さんのお話があるのですが、

政治家を目指す方ってこれくらいの不屈の精神で生きていらっしゃるのね・・・

と、叱咤激励された思いです。

【胃がんが見つかり、家族の反対にあってその年の衆議院選の出馬を諦めて手術

→がん患者のみなさんに勇気や励みを送りたいとマラソンを始める。東京マラソン出場

→悲願の国政へのカムバックを果たす

→受託収賄などの罪で実刑確定

→食道がんが見つかる

→仮釈放。現在のところ再発の兆しはなく、がんを克服するたび、運命を乗り越えるたび、死ぬどころか、新しい自分に生まれ変わっていく気がする。まだまだ生きて実行しなくてはならない宿命がある】






○ ○ ○ ○ ○

エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー、リフレクソロジー、
タロットリーディングの【MENU】 
【各種講座】

ご予約、お問い合わせは 【こちら】 から

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Lara SOIL〜 阪急夙川〜阪神/JR芦屋〜阪神西宮〜英語、妊娠中の方、男性も承ります〜

エサレンボディワークとアロマセラピーをしています。ご自身の心と身体の声を聴いてください。

タロットカードはあなたが誤解していることを教えてくれ、未来をより良くするものです。

Twitter

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

砂漠のわが家
砂漠のわが家 (JUGEMレビュー »)
美奈子 アルケトビ

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM