『阪急電車』レビューの補足〜文脈について〜

  • 2018.09.06 Thursday
  • 00:06

阪急夙川駅.jpg
 

*

私は今日2回も、編集中の記事をアップしてしまったようで

ご覧くださった方、すみませんでした。

ひとつはタイトルのみだったので非公開に、

もうひとつは残りを加筆しました。

 

 

*

先日書いた『阪急電車』という小説のレビューの補足です。

 

私は(この小説を)「男性作家のエンターテイメント短編」と思いこんでいて

それだと読めなくて

「女性作家のラノベ小説」とわかったら読めたのは

私の頭が固いというか

前提条件って重要だなぁと思いました。

 

 

これは、ひと言でいうと

 

「文脈が違う」

 

ということなんです。

 

 

最近、わりとよく聞く言葉に

 

「何言うてるか全然わからへん」

 

というのがあります。

 

一昔前より、断然頻度高いフレーズかなと思います。

 

私もつい使ってしまいます。

 

「意味不明」という言葉は、その少し前に使われていて、

 

今は

 

「言葉が通じない」系

 

が多いような気がします。

 

あくまで私の感覚で、統計はなしですが。

 

 

で、それもこれも

 

文脈が違う

 

であります。

 

 

例えば「魂は永遠だ」と信じている人と、

 

「人間は肉体が死んだら死ぬ」と信じている人では

 

死に際しての思いや、相手にかける言葉

 

世界の見方や生き方も違ってきますよね?

 

お互いに違うと知っていたら大丈夫でしょうけど

 

同じ思想を持つ者同士と思って話していたら、途中で

 

「何言ってるかわからん」

 

となると思います。

 

 

極端な例ですが、

 

「世の中金やーコストをギリギリまで削って利益を上げろー!」

 

という人と

 

「仕事は“三方良し”。相手に得をさせたら必ず返ってくる」

 

という人が、仕事の話をしたら

 

「この人の言うことは信用できないな」

 

ということになりかねません。

 

 

同じ前提同士だったら問題ないんですが

 

この世は、みんな前提が違います。

 

そして、現代はこの前提が二極化して

 

その中でも細かく分かれ始めたのではないかなー

 

昔だったら

 

「明日も家族がお米を食べられたら幸せ」

 

みたいなシンプルな前提で多くの人が生きていただろうけど

 

今は、前提が色々ですもんね。

 

隣の人が何を考えているかわからない。

 

 

色々の人が同じ社会にいるのですから

 

そりゃトラブルが起こるよね・・・と思います。

 

だから、

 

相手の文脈に沿って話をする

 

という姿勢が大事です。

 

これが、なかなか、エゴがあるとできないな〜と思うのです。

 

 

 

 

○○○○○

エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー
カルマタロットの
【MENU】【講座】【出張】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から

ネット上で言葉を発するということ

  • 2018.08.05 Sunday
  • 00:55

神戸 芦屋 西宮 エサレン タロット

 


 

 

*

これ半年ほど前に書いていた記事で、

 

6月頃、アップしようと思った日にブロガーさんが襲われる事件が起こったために

 

しばらくアップを控えておりました。

 

インターネットって怖いものだと思います。

 

とても便利なもので、私達はその恩恵をたっぷり受けていますが

 

ネガティブな感情を煽る装置でもあります。

 

本当の意味でポジティブな感情や、人間が幸せに生きるために必要な情報、

 

そういうものが増幅されて広がっていくと良いですよね。

 

そのように使いたいと思います。

 

 

*

ずっと前の話ですが、あるブログの記事について、

 

それを見た訪問者さんが批判的なコメントを投稿されていて

 

ブログ主さんが、それについてご自分の発言の意味を説明されていたのを見ました。

 

私はもともと、ブログ主さんのおっしゃっている意味のとおりに読んでいたので

 

あらためて説明を読んで

 

「そうだよね」と思っただけなんですが、

 

コメントを残された方がそのような批判をされたのもわからないではなく、

 

それまでの経緯を知らずにその記事の言葉だけ見たら、

 

ネガティブに受け取る人もいたとは思います。

 

かといって、何年もブログを書いている人が

 

たまたま訪問した読者さんのために前提をそのつど説明しないといけないか?といったら、

 

実際にはなかなかできないじゃないですか。

 

時間や文字数の制限もあるし、文脈もあるし。

 

 

このように、同じ日本語を使っていたって、

 

言葉とは、思いとは、なんて伝わらないものなんだろう・・・

 

と考え始めると

 

ブログを書こうとしても筆(指)が止まってしまうことがあります。

 

LINEやSNSなんてトラブル発生装置みたいに見えてくることもあります。

 

「トラブルが起こるしかないなこれは」みたいな。

 

 

私のブログはどこかに提出するものでも、公的なものでもないので

 

伝わる人に伝わればいい、

 

自分が伝えたいものを書く

 

と思って書けばいいのでしょうけど

 

上記の例ように、見ず知らずの人に誤解を与えて、

 

多少なりとも不快な思いをさせてしまうリスクを考えると

 

「何も書かずにリスクを負わない」

 

という選択をしたくもなります。

 

 

実際に言っていないことや、明らかな誤読で

 

「こう言った」

 

と言われるに至っては、閉口してしまいます。

 

ネット上だけじゃなくても、リアルで理不尽な中傷を受けるのもそうですが。

 

 

じゃあどう対策するのか?

 

といったら

 

まずは、カルマの法則から

 

(1)自分がなるべく誤読をしないように気をつける

 

ということ。

 

そして、これもカルマの法則ですが

 

(2)むやみやたらと他人を攻撃しない

 

 

なんやそら、っていう消極的な方法ですみませんが

 

カルマを変えれば、自分の受け取る言葉は変わりますから

 

まずは地道に徹底していただきたいと思います。

 

(1)は難しいかもしれないけど、

 

(2)は自分次第でなんとかなりますね。

 

 

匿名の掲示板などで悪意をむき出しにしていたり、誰かの評価を不当に下げている人、

 

顔と名前がバレないからといって

 

普段ものを言えない立場の人に粘着しているのって卑しいぞー

 

 

その瞬間に乗算でカルマ悪くしていっていますよ・・・(((;゚;Д;゚;)))

 

 

仮に、顔と名前を出したら批判、攻撃、ヘイトしてもいいのか?

 

と言われたら、

 

私はそれもやめといた方が無難だと思います。

 

それがお仕事でないならば。

 

お仕事なら、多少は仕方ないですが。

 

ヘイトはどんな理由でもダメです!!

 

その言葉を、あなたのふるまいを

 

攻撃対象だけでなく、第三者も見ていますからね

 

(何百人、何千人の)それを見た人があなたをどう評価するか?

 

それを考えると、他人についてのネガティブな発言はできないものなのです。

 

品格高く、生きたいですね。

 

 

 

 

○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー
カルマタロットの
【MENU】【講座】【出張】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から

謙遜のようでそうじゃない

  • 2017.11.16 Thursday
  • 01:22


 

*

本日のお題は、twitterで見かけたこれです。

 

「いえいえそんな事ないです〜〜」

 

と、なぜか反射的に頭から否定してしまう私達・・・

 

これは日本人に独特の文化なんでしょうか?

 

私の少ない経験では、アジア圏の人も、欧米の人も、褒めたら

 

“Thank you.‘’

 

 

「そうかい〜?ハッハッハッ」

 

という反応が多いような印象です。

 

日本でも後者側のリアクションをされる方もいらっしゃいますけど。

 

 

で、これの何が問題かというと

 

褒めてくれた相手の言ったことを否定していることと

 

本当にその人が綺麗だった場合、その言葉を聞いた人に

 

「あなたがそんな事ないなら、我々はタコかヒョウタンツギかしら?σ(´ω`*)」

 

と、思わせてしまうことです。

 

 

実際問題、お世辞というか、嘘の言葉がよく使われる世の中ですので、

 

うっかりそこで

 

「ありがとう。よく言われます(にっこり)」

 

などと答えると、陰口を言われるのはまぁまぁ確実なので

 

世渡り上手の美人さんは

 

「もう、そんな事言っても何も出ませんよ〜」と言ったり、

 

「私、ブタ鼻なんです!ほら!」とさらしたりします。

 

 

話が逸れましたが

 

何が言いたかったかというと

 

褒められた時に

 

「そんな事ないです。私なんて全然・・・」

 

と言うのは、

 

あなた以下の人をみんな下げていると知りましょう

 

ということです。

 

言われた方は、

 

じゃあワタシも全然ね・・・σ(´ω`;)

 

ってなるじゃないですか。

 

 

ついでに申しますと

 

外見を褒めるのは、相手が女性ならもちろん、男性も、

 

できればやめた方が無難ではあります。

 

褒められるとうれしいものですが、色々な感情を発生させてしまいますからね。

 

長くなるので、今日はここまでにします。

 

 

 

 

○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー
カルマタロットの
【MENU】【講座】【出張】

ご予約・お問い合わせは【こちら】から

身近な人に相談しない

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 00:03

夙川.jpg
 

 

 

*

前回の続き。

 

参照元はこちらです。感謝きゃvネコ

女子美術大学特別公開講座「仕事を決める、選ぶ、続ける」レポート

 

 

何かやろうとするとき

 

「身近な人に相談しない」

 

というのは、カルマ論ではもちろん、一般論としてもそこそこ認知されてきたことではないでしょうか?

 

「え、なんで?身近な人にまず相談するよ?」

 

という方、いらっしゃいます?

 

私がやりたい仕事を目指していると「あんたにそんな才能があるはずないだろう」「すぐにいられなくなるに決まっている」などいろいろマイナスなことを親はずっと言ってきました。編集からもしょっちゅう「ネームを切りなさい」と言われますし。周囲の言うように自分には才能がないのかな?と思っても、自分の心の中を見るとやっぱりマンガを描きたいという気持ちの方が大きかったのです。自分の心の中にある大きな気持ちの方を大切にして、仕事を続けていたら、母もNHKのテレビドラマを見てわかってくれましたし、父もあの世に行ってからしまったと思ったかもしれません。そうやって親もいつかはわかってくれるのではないかと思います。

 

身近な人って、いろいろマイナスなことをずっと言うものです。

 

なぜなら

 

「その人が自分より価値ある存在になると困るから」。

 

 

相談するならあなたの師と。

 

と、私は思います。

 

あなたのずっと先を歩いて道を切り開き、あなたの成長を喜び、後押ししてくれる人に相談しましょう。

 

身近な人、というのは、現在のあなたと同じ価値観、世界(次元)に生きている人なので

 

先のことを想像しても、その次元からの想像にすぎず

 

実際に先の世界のことは知らないのです。

 

だから、ネガティブ要素ばかり言う。

 

実際に望都先生が上京してみれば

 

助けてくれる人がいて、マンガは売れました。

 

「マンガ家になりたい!」と思って、周囲に反対されてそのまま大牟田にいたら

 

この展開はなかったのです。

 

この展開はなく、無難な選択肢がそこにあったかもしれません。

 

その選択肢を選んだあなたを見て、反対していた人は

 

「ほらね、良かったでしょ」

 

と言うかもしれません。

 

選ばれなかった選択肢の責任は取ってくれませんからね。

 

選択して、責任を取るのは自分だけです。

 

高校を卒業して専門学校の1年生のときにお小遣いを貯めて上京しました。講談社に紹介してもらうと担当さんがついてくれて「私宛に原稿を送ってください」と名刺を渡されました。「すぐ描いて送ります」と言って半月くらいで20枚ほど描いて送りました。せっかくのチャンスですから、ここで頑張らないといつ頑張るんだと思って必死でした。「送ります」と言ってなかなか送ってこなかったら見捨てられてしまうと思ったのです。

 

私はこの部分がすごく好き。

 

チャンスをとらえるためには、体力だって必要ですよね。

 

そうしたら現実がついてくる。

 

そんな話に元気をもらって、このシリーズ?はおしまいです。

 

あなたも私も、自己責任で目標に向かって歩んでいますようにネコ

 

 

 

 

■お知らせ■

月・水・木曜の夜に男性のお客様のご予約も承ります。

JR尼崎駅徒歩1分のサロンで受けていただけます。よろしくお願い致します。

 

 

○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー
タロットリーディングの
【MENU】【講座】

ご予約・お問い合わせは【こちら】から

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Lara SOIL〜 阪急夙川〜阪神/JR芦屋〜英語、妊娠中の方、男性も承ります〜

エサレンボディワークとアロマセラピーをしています。ご自身の心と身体の声を聴いてください。

タロットカードはあなたが誤解していることを教えてくれ、未来をより良くするものです。

Twitter

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

砂漠のわが家
砂漠のわが家 (JUGEMレビュー »)
美奈子 アルケトビ

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM