「お腹は何かが出ていく感じがする」

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 00:44

芦屋.jpg
 

 

*

先日、エサレンマッサージのセッションを受けてくださった方が

 

「お腹は何かが出ていく感じがする」

 

とおっしゃいました。

 

実はこれは私にとってとてもうれしいフィードバックでした。

 

というのも

 

今、特に私が力を入れているのがフェイス、ヘッドと、リンパの老廃物を流すことと、お腹のワークだからです。

 

お腹のワークの重要性は以前から知っていたものの

 

かなり長い間、私自身があまりお腹を触られたくなかったので

 

「お腹ってあまり見られたり触られたり、したくないものでは?」

 

という(私の勝手な)不安があり

 

腹部はそれほど積極的なディープなワークはあまりしてこなかったのです。

 

一応するんですが、本当に慎重に、ゆーっくりと・・・

 

 

でも、ここへ来て、お腹ってやっぱり超重要!と思えてきて

 

また自分自身も受けることの良さをわかってきて

 

「お腹に触れる」

 

ということの苦手意識を克服すべく、練習していました。

 

私の出身校のアロマスクールの校長・ギル佳津江先生もちょうど

 

11月20日にFacebookでお腹のワークの重要性について投稿されていましたので

 

興味ある方はご覧になってください(全体に公開されている記事ですので多分見られるはず・・・)。

 

 

お腹の中には大切な臓器が入っていますし

 

あまり知られていませんが、リンパ球はお腹に一番多く(60〜70%)存在するのです。

 

また、感情的にも

 

怒りや悲しみを、ぐっとお腹に押し込んで、我慢したりしませんか?

 

お腹にはそんな色々が‘溜まって’いると思うのです。

 

お酒を飲む方は水分も。

 

食べ過ぎたら脂肪も。

 

 

普段は色々なものを溜めてくれているお腹ですが

 

お腹のワークはそこからいらなくなったものを排出します。

 

どうしても出ていきたくない、といういきさつのある御方もいるかもしれませんが

 

その方は、おいおい信頼関係ができてから出ていってくだされば良いかな〜で

 

ちょっと飲みすぎ、食べ過ぎたなかな、というような古い水分や

 

いつかのかなしみ、カチンと来た感情なんかは

 

起きて、出ていってくれるといいなぁ。

 

 

以前はお腹のワークは80分以上のロングコースでしかやりませんでしたが

 

今は60分のアロマセラピーでもやっています。

 

お腹のワークを受けにいらしてくださいね。

 

 

 

 

○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー
カルマタロットの
【MENU】【講座】【出張】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から

「おてあて」の記憶

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 00:25
クナイプ.jpg
新しい香りがあったので購入


 

 

*

時々「おてあて」という施術メニューを出していらっしゃるサロンを見かけます。

 

子供が転んで泣き出したら、打ったところに手をあてて

 

「痛いの痛いの飛んでいけ〜」

 

と言いながらさすったら痛みがやわらぐ、というあのパワーですね。

 

レイキもおてあてです。

 

レイキなどのエネルギーワークのヒーラーでなくても、気功の訓練をしていなくても

 

相手のことを思ってからだに触れるとき、どなたの手にもこの宇宙のエネルギーは多少流れるものだと思います

 

(プロの方はそれをよりパワフルにできます)。

 

 

私、小学生の頃に、まさにこの効果を体験をしたことがありますのでその話を。

 

私は生まれたときから18歳くらいまで、便秘がちな体質で

 

特に10代はひどくて、両親はそれを心配してくれていました

(19歳の時にハーブティーやら生活習慣変わったのやらで治りました)。

 

小学3年生のある朝、

 

トイレにこもっていて遅刻して

 

母親が自転車で学校に送ってくれたことがあります。

 

でも、トイレに長くいたわりに成果はなく、「あーぁ」という思いで学校に到着し

 

なぜだか忘れましたが私は保健室に登校しました。

 

授業の途中だったからかな?

 

それで、保健室のK先生に今朝のいきさつを話していると

 

先生は、うん、うん、と聞きながらずっと

 

座っている私のお腹を下に向かってさすってくださっていました。

 

私は遅刻した罪悪感がちょっとあったんですが、怒られるわけでもなく

 

それどころか、温かい部屋で

 

「担任のT先生に、言っておいた方がいいよ。そしたら授業中にもトイレに行きやすくなるでしょ、便秘は行きたい時に我慢したらだめだから」

 

みたいなことをアドバイスしてくれました。

 

それでかなり長いあいだ、お腹をさすってくれて、私はなんだか恥ずかしいような気持ちで無言でいたんですけれど

 

先生が

 

「これでもう出るから。トイレに行ってみて」

 

と言われたのです。

 

え?

 

あ?そうなん?

 

と、私は予想していなかった展開に驚き、心の中で

 

「出ないって・・・」

 

と思いながら、でも言われたから一応保健室の隣のトイレに行ってみたら

 

魔法のように出たのです。

 

びっくりしました。

 

今、これを書いている私は理由がわかりますが

 

その時の私は本当に目がまん丸になるくらいびっくりして

 

先生のところに報告に行きました。

 

先生はにっこり笑っていらっしゃいました。

 

 

それからも私はまだまだ何年も便秘に苦しむんですが

 

このときの驚きは強烈に記憶に残っています。

 

なんで?なんで?

 

と思って、その後も便秘になると先生がやっていたように自分で一生懸命やってみたり。

 

これが「おてあて」のパワーなんですよね。

 

 

と、最後雑なしめくくりになりましたが

 

大事な人や、自分に、コミュニケーションに、おてあての力を使ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー
カルマタロットの
【MENU】【講座】【出張】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から

パン酵母のカルマ

  • 2017.12.11 Monday
  • 00:27
ロイズ.jpg
千歳空港のお土産で休憩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*

勝手に書いてしまいますが

 

妹がパン教室に通っているらしくて

 

自宅でもパンを焼く練習をしていたそうです。

 

そしたら、自分が何かをつくるのが好き、その工程が好きということに気づいたそうハート

 

パンづくりって難しそう、と言ったら

 

(なんせ私はホームベーカリーで焼いても、半分しかふくらまないパンが出来上がったりするのです)

 

酵母は生きているから温度がすごく重要で

 

コポコポと元気になる温度っていうのがあって

 

それより低いと全然元気が出ず

 

かといって温度が高いと死滅してしまうので不安で低めにしてしまったりして難しい

 

でも適温にできると酵母が元気になってすごく面白いということでした。

 

 

で、これを聞いていて「酵母を愛しいと思うカルマ」について考えていたんですが

 

・酵母は25°〜35°という狭い幅で元気になる。30°付近がベスト

 

・温度が低いと元気が出ず(後で温めてもイマイチらしい)、50°以上で死滅する

 

・活性化するとパンの生地をよくふくらませる

 

・酵母が発酵しないとパンはふくらまないので、パンづくりにはなくてはならない

 

・イーストと違って、天然酵母は天然もののためさらに扱いが難しい

 

(注)この温度はネットで見たイーストの特徴で、妹は「とかちの酵母」というのを使っているそうです。

 

 

パンづくりに詳しくないのでこれくらいしか思いつきませんが

 

酵母って取り扱いが難しものなんだな〜と思います。

 

生き物だから、放置しておくと発酵力は落ちていく。

 

温度差によって活性度が変わる。

 

ベストな環境を与えられると最大限に力を発揮。

 

自分が元気になることは、そのままパンを美味しくさせることにつながる。

 

つまり「燃料」のような、

 

しかし、「大事にされないと働かない生きた燃料」でしょうか。

 

25°〜35°というレンジの狭さ後で温めてもイマイチ50°以上で死滅する

 

このくだり、ちょっと面倒くさいにおいがしますね・・・

 

 

パンづくりにも、

 

こねたり、発酵させたり、形をつくったり、焼いたりと色んな工程がありますが

 

酵母がかわいいと思うのは

 

自分が力を最大限に発揮することが直接何かのためになるという

 

縁の下の力持ち、溶媒的なカルマをお持ちの人ではないでしょうか?

 

ただし、その環境を自分で整えることができない立場の人。

 

職種で言えば受付とか秘書とか予約管理とか?フリーではないスタイリストさんとか?特殊な道具(部品)を作る職人さんとか?

 

いかがでしょう?

 

もしあなたがこのカルマをお持ちなら、あなたの能力が発揮できる環境で頑張ってくださいね。

 

10°以下で不活性になっていたり、50°以上で死滅しないように。

 

そして可能ならば、身体を強く、ある意味鈍感にして、自分が活性する温度幅を広くすること。そうすればお仕事の幅が広がるかもしれません。

 

 

「私にはどんなカルマがあって、どんな仕事が向いているの?」

 

という方は、カルマ論講座(1)でやりますのでどうぞお越しください😊

 

 

 

 

○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー
カルマタロットの
【MENU】【講座】【出張】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から

ぐっとくるやつ。

  • 2017.12.10 Sunday
  • 00:46
トリュフ.jpg
トリュフ食べたいな、と思っていたら
Rondaさんでいただきました♡


 

 

*

少し前の話ですが、産婦人科で産後の若いママがアロマトリートメントを受けに来られました。

 

はじめに精油を選んでいただくんですが

 

どういうのがいいだろう、と悩まれて

 

私がいくつかピックアップして香りを試していただいているとき、

 

ゼラニウムの香りを嗅いで

 

「こういうのがいいです。ぐっとくるやつ」

 

と言われました。

 

 

ぐっとくるやつ・・・

 

 

確かにゼラニウムは香りが強い。

 

でも「ぐっとくる」って難しいエリザベス

 

 

人の表現ってそれぞれですごく面白いと思いました。

 

あなたがぐっとくる香りは何ですか?

 

単純に鼻腔にぐっとくるなら強い香りだけど

 

脳の奥にぐっとくる香りという意味なら

 

子供の頃を思い出す香りとか、

 

とても深い、歴史ある香りとか・・・

 

または自分の今の心身にぴったりのものが来たら

 

「ぐっとくる」

 

と脳は感じると思うのですよね。

 

 

ちなみに最近私がぐっときたブレンドには共通してメイチャンが入っていました。

 

あと、最近好きなのは

 

セイヨウアカマツ、ホーリーフといった樹木系の香りですキラキラ

 

樹木の香りでメタメタにリラックスしたいです〜

 

 

 

 

○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー
カルマタロットの
【MENU】【講座】【出張】

ご予約可能時間の確認は【こちら】
ご予約・お問い合わせは【こちら】から

映画「IT」に見る親の影響・2〜病気〜

  • 2017.12.09 Saturday
  • 10:04

IT

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*

映画「IT」ネタバレあり。

 

 

生活習慣病?で寝ている過保護な母親を持つ少年は

 

自分は持病があると信じて薬を持ち歩いています。

 

この少年が骨折したとき、母親はキレて、少年の仲間達に

 

「この子は病弱なの。あなた達とは絶交よ!」

 

仲間の少女に

 

「あんたの噂は聞いている。ビッチは二度と息子に近づくな」

 

と言い放って去ります(台詞はうろ覚えです)。

 

 

この太った母親は、唯一自分のものであった息子(男)が仲間(女含む)に取られる

 

というその恐れから

 

息子を自分のエゴで拘束し、他の女性を排除しようとしました。

 

子供は成長して大人になったら自由に動けるようになって

 

自分のそばに縛りつけておけないんですからそんな拘束はナンセンスですが

 

彼女は自分の恐れに囚われているから気づかないのです。

 

ナンセンスどころか、息子にとって有害ですね

 

息子が女性と縁のない人生を送ることになったらどうするんでしょうね。母親はそれが本望だとしても。

 

 

少年が母親よりも仲間を選んだとき

 

すなわち彼が母親の狭いエゴの外の世界に出たとき

 

彼女は

 

「私を見捨てないで!!」

 

と叫んでいました。

 

おそらくですが、この少年はこのときから薬は不要になったのではないでしょうか。

 

自分は病弱だから薬を持ち歩いていて

 

友達と同じように遊べない、

 

ぜんそくが出る・・・

 

でもそれは母が自分を縛るための嘘だったのでは?

 

もし、嘘じゃなくて本当に自分が病気がちだったとしてもかまわない

 

自分が今大事にするべきものは仲間だ。

 

そう思ったとき

 

病気に対して自分が選択権を持ったのです。

 

仮に病気で倒れるとしても、自分は自分の責任で仲間を優先する。

 

 

自己責任で選択するとトラブルは発生しにくくなります。

 

「こうしたら〜になるのでは・・・」

 

という恐れの状態から

 

「そうなってもかまわない」

 

と受け容れるとき。

 

それがカルマの解消の一歩なのです。

 

 

 

 

○○○○○
エサレン(R)マッサージ、アロマセラピー
カルマタロットの
【MENU】【講座】【出張】

ご予約・お問い合わせは【こちら】から

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Lara SOIL ララ ソイル〜 阪急夙川/JR芦屋・さくら夙川・尼崎/阪神西宮〜英語、妊娠中の方、男性OK〜

静寂の時間を

タロットカードは自分が誤解していることを教えてくれ、過去・現在・未来を冷静に分析します。タロット&カルマ論講座随時。カルマ論をお伝えし、あなたがご自分の人生に納得できるまでサポートいたします。

Twitter

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

砂漠のわが家
砂漠のわが家 (JUGEMレビュー »)
美奈子 アルケトビ

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM